暮らし

スキレットが錆びないお手入れ!シーズニングで失敗しないやり方をニトスキで紹介!

ニトスキが錆びないお手入れ方法のシーズニングで失敗しないコツとやり方の記事のアイキャッチ画像

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

ニトリのスキレット鍋ニトスキは、調理してそのまま食卓に出せるおしゃれさと、ワンコインで購入出来るお買い得さもあって大人気です。

ただし、スキレット鍋であるニトスキはお手入れをきちんとしないと錆びてしまうというデメリットがあります。

水で洗ってそのまま乾かすなんてことをすると、あっという間に錆びてしいますが、正しいお手入れさえしていれば、錆びることはありません。

スキレット鍋は正しいシーズニングでどんどん使いやすくなる一生モノの鍋とも言われています!

スキレットのお手入れ「シーズニング」は、簡略化した簡単な方法でも効果があります。

当記事では、簡単で面倒臭くない簡略化したシーズニングの手入れ方法のやり方をニトスキで紹介します!

もんち
もんち
スキレットで出来る超簡単で美味しいフレンチトーストのレシピを紹介します!

ニトスキとはスキレットのこと!

シーズニングのお手入れの紹介で使ったニトスキとは、ニトリで買えるスキレット鍋のことです。

スキレット → 鋳鉄製の厚手のフライパン

スキレットで調理すると、料理を美味しく調理出来るメリットが沢山あります。

  • 自然に鉄分の補給が出来る
  • 熱効率が良く短時間で調理出来る
  • 熱が均一に伝わり素材の旨みを引き出せる
  • 外がカリッと中がフワっと焼ける
  • そのままオーブンで調理出来る
  • 料理を熱々でそのまま食卓に出せる

少し調べるだけで、こんなに沢山出てきます。

もんち
もんち
スキレットが人気になったのは、ワンコインというお手軽な価格でスキレットがニトリで買えるようになったからとも言われています!

スキレットはシーズニングのお手入れをしないとサビだらけになる!

スキレットは鋳鉄鍋です。

使用する前に、まずシーズニングというお手入れをしないといけません。

よく調べずにそのまま使い始めてしまうと、すぐにサビや焦げで大変なことになってしまいます。

  1. 購入して使用する前にしないといけないお手入れ
  2. 調理で使った後にしないといけないお手入れ

この二つは絶対にしないといけません。

これをするかしないかの違いだけで、ニトスキやスキレットが一生使えるモノになるかすぐにサビて駄目になるかが決まります。

スキレットのお手入れ方法シーズニングのやり方!

新品のスキレットにはサビ止めで油が塗ってあります。

その油を洗い流す作業からお手入れは始まります。

正確なちゃんとした「シーズニング」の仕方を調べてみると、とても工程が多くて面倒臭がりな私にはとてもとても腰が重くなるものでした。

丁寧な方は「使い込んできっちりお手入れをして育てたスキレット!」って感じで、鋳鉄鍋が可愛くなるんだろうと思います。

でも、省ける工程を飛ばして簡単なシーズニングでのお手入れをしている方も沢山いらっしゃいました。

もんち
もんち
面倒くさがりの私は、難しい「シーズニング」ではなくて、簡単に出来るお手入れ方法を選びました!

スキレットのニトスキを使う前にする手入れ方法

まずは、購入して直ぐに行う最低限のシーズニングお手入れ方法から紹介します!

【使用前】の「ニトスキ」で行う最低限のお手入れ方法
  1. 洗剤で新品時に塗られているサビ止め油を洗い流し水気を取ります。サビ止めを洗い流しているので【取り敢えず乾かしておく】のではなくて洗ったらすぐに水気を拭き取る。
  2. 水気を拭き取ったら5分程強火にかける。白い煙が上がってもビックリして止めなくて大丈夫です。いや…止めては駄目です!
  3. 白っぽく全体的に焼きを入れれたら、サラダ油かオリーブ油で持ち手も含めて鍋全体にキッチンペーパーなどで油を塗り込みます。
  4. 再度火にかけます。この時は弱火で大体3分程で良いです。

これで「簡単なシーズニングお手入れ」は終了です。

もんち
もんち
続いて、調理で使った後のお手入れ方法を紹介します!
スポンサードリンク

スキレットであるニトスキを使った後にするお手入れ方法

調理で使った後のニトスキは洗剤で洗わないで、水を流しながらたわしで擦って汚れを落とします。

洗剤を使用して洗うと、せっかくニトスキに馴染んできている油がリセットされてしまうので、出来る限りは使わない方が良いからです。

調理でニトスキを使った後は洗剤で洗わない!
【調理使用後】のニトスキでのお手入れ方法
  1. タワシを使って水洗いをする。焦げなども擦り取る様にゴシゴシ洗って大丈夫。でも洗剤は絶対に禁止!!
  2. どうしても取れそうにない汚れや焦げの場合は水を入れてグツグツ沸騰させてからタワシで擦って洗う。
  3. 汚れが落ちたら水分を飛ばすように空焚きをする。
  4. 熱々なので粗熱が取れてきたらオリーブ油またはサラダ油をキッチンペーパーで塗り込む。

これで、「使用後のお手入れ」は終了です。

注意しないといけないのは、冷ましたいからといって絶対に水をかけないことです。

急激に冷やすと「ニトスキ」が割れてしまったりする原因になります。

ゆっくり冷ましてからお手入れをします。

もんち
もんち
早くオリーブ油を塗ってしまいたいからと、「スキレット」に水をかけて冷ますのは絶対にやめた方が良いです。
スポンサードリンク

スキレットで出来る簡単レシピはフレンチトーストがおすすめ!

わが家では、スキレットのニトスキを使って一番最初にフレンチトーストを作りました。

ニトスキで作るフレンチトースト

スキレットはフライパンに均等に熱が伝わるので、フレンチトーストの焼き目も綺麗でした。

食べる時にはこのまま食卓へと持って行けるので洗い物が無駄に増えない!

フレンチトーストの作り方

簡単に作れて美味しいフレンチトーストはないのかと調べていて見つけた、『えこさん』のフレンチトーストのレシピをニトスキで作ってみました。

ニトスキで作ったフレンチトーストの出来上がり

えこさんのフレンチトーストのレシピは、レンジで1分温めるだけで一晩浸け込んだかのようなフレンチトーストが作れる魔法のレシピです。

ニトスキで作るフレンチトーストの材料
  • 卵 一個
  • 砂糖 大さじ2杯
  • 牛乳 150ml
  • バニラエッセンス 少々

まず、材料全てを混ぜ合わせた卵液にカットしたバケットを片面だけ浸して、ラップをかけずに500Wのレンジで30秒温めます。

ニトスキで作るフレンチトーストのレシピの作り方

温め終わったらバケットを裏返して、同じようにラップをかけずに500Wのレンジで30秒温めます。

ニトスキで作るフレンチトーストを卵液に浸す
レンジで温めることでバケットの中にまで卵液が染み込んでくれて、一晩浸け込んでていたかのようになります。

ニトスキを温めてバターを溶かしたら、レンジで温めた終わったバケットを取り出して焼いていきます。

ニトスキでフレンチトーストを焼く

両面をしっかりと焼き終わったら、えこさんのレシピで作るニトスキで焼いたフレンチトーストの完成です。

ニトスキで作ったフレンチトーストの出来上がり
もんち
もんち
あまり料理が得意じゃない自分でも、このニトスキのフレンチトーストは美味しく作れました!

料理で使う調理器具がおしゃれになるちょっとした変化でも、毎日料理をする身としてはとても嬉しく楽しい時間になるんだなと実感しました。

まとめ

スキレットはそのまま食卓に出してもおしゃれで、熱伝導も良く料理が美味しくなるなど、メリットは沢山あります。

アウトドアメーカーのスキレットは高価なものもあるので、お試し程度での購入を考えている場合には、ニトリのスキレットのニトスキでも十分に色々と楽しめます!

もんち
もんち
ニトリだとスキレットがワンコインから買えます!

 

でも、ニトスキがテレビなどで紹介されていても、ニトスキはシーズニングというお手入れをしないと錆びてしまうということはあまり紹介されていません。

面倒なことを少しでも減らしたい主婦にとってはデメリットになるからなのか…

それでも、スキレット鍋は正しいお手入れをしていれば、錆びることもなく一生モノとして使うことが出来ます。

使用後に洗剤を使って洗わない

使用後のお手入れは面倒くさがらずに絶対にする

この2つは、最低限でも守って使っていこうと思います。

今日はここまで〜