子育て

IKEAのワゴン「ロースコグ」の使い方!ベビー用品の収納に最適!

IKEAのキッチンワゴン『ロースコグ』

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

わが家には1歳になる赤ちゃんがいます。

成長するにつれて必要なベビー用品が増えてきたので、便利と話題のIKEAのワゴン「ロースコグ」にベビー用品を収納して使ってみました。

RÅSKOG(ロースコグ)のメッシュカゴ
もんち
もんち
キャスター付きだから赤ちゃんを抱いたままでも片手で移動ができ、掃除も楽ちんになりました!

IKEAのロースコグは3段のワゴンです。なので、100均の収納ボックスよりも使いやすく整理収納ができて便利です。

でも、「ロースコグのワゴンを自分で組み立てられるかな?面倒なのかな?」と、不安で買う気になれない方もいるはず。

この記事では、IKEAのワゴン「ロースコグ」の組み立て方や、ベビー用品の収納としての使い方を紹介します!

IKEAのワゴン「ロースコグ」とは?

赤ちゃんのお世話セットの収納で人気のイケアのワゴン「ロースコグ」は、スチール製の丈夫な3段ワゴンです。

もんち
もんち
商品に付属している工具を使って簡単に組み立てることが出来ます!

イケアのワゴン「RÅSKOG(ロースコグ)」は、現時点では全部で5色展開です。

  1. ホワイト
  2. ベージュ
  3. ブラウン
  4. ターコイズ
  5. ブラック
もんち
もんち
基本はキャスター部分が黒色なのですが、ホワイトのみがキャスター部分も白色で統一されています。

IKEAのワゴン「ロースコグ」の組み立て方

イケアのワゴン「ロースコグ」は、バラされて一つのダンボール箱に入っています。

ikeaのキッチンワゴンの箱詰めを開封

まず、箱から全て出して部品が揃っているのか確認しましょう。

  • ワゴン✕3つ
  • キャスター✕4個
  • パイプなどのパーツ
  • 組み立て用工具とネジなど
ikeaのキッチンワゴンの部品とパーツ
もんち
もんち
組み立て用の工具が付属していますがプラスドライバーも必要です!
組み立て方

【手順1】パイプを繋げてプラスドライバーでネジを締めます。(合計4箇所あります)

RÅSKOG(ロースコグ)のねじでとめる位置

【手順2】パイプを繋ぎ合わせて固定し、パイプにワゴンを通してネジで固定します。

ikeaのRÅSKOG(ロースコグ)の組み立て方

ワゴンの固定ネジは、付属の工具を使って締めます。

ikeaのキッチンワゴンRÅSKOG(ロースコグ)の付属工具

組み立ては簡単です。でも、ワゴンをパイプに固定するときに使う、付属の工具を使ってのネジ回しが少しやりにくいです。

RÅSKOG(ロースコグ)のキッチンワゴンのネジの回し方

自分が収納したいものに合わせて真ん中のワゴンの高さを調節したら、キャスター付きのイケアの3段ワゴン「ロースコグ」の完成です!

ikeaのRÅSKOG(ロースコグ)のキッチンワゴンのターコイズ色
もんち
もんち
女性一人(私一人)でも数十分あれば簡単に組み立てることが出来ました!

イケアのワゴン「ロースコグ」は、3段あるワゴンの全てがメッシュ調になっています。

RÅSKOG(ロースコグ)のメッシュカゴ

真ん中のワゴンの高さは調節することができますが、一番下と一番上のワゴンの高さは決まっています。

実際に、赤ちゃんのお世話で頻繁に使う「お世話セット」を収納し、数週間ほど使ってみました。

スポンサードリンク

IKEAのワゴンにベビー用品やおもちゃを収納してみた!

まずは、赤ちゃんのお世話で頻繁に使うベビー用品をまとめて収納してみました。

赤ちゃんのお世話用品(小物系)

  • 綿棒
  • 塗り薬
  • ガーゼ
  • 爪切り
  • 体温計
  • お口拭きシート

小物の収納をそのままワゴンに入れると、ごちゃごちゃして探しにくくなってしまいます。

そこで、小分けに収納するために100均の収納ボックスも使いました。

ikeaのキッチンワゴンに収納した赤ちゃんのお世話グッズ

ブックスタンドを使えば絵本も収納できました。

いろいろな収納方法を試していく中で、ロースコグ(ワゴン)の一番下の段にはおもちゃを収納するのが一番使い勝手が良いと感じました。

もんち
もんち
ワゴンの一番下の段はごちゃついても散らかって見えにくいので、おもちゃ収納に最適です!
ikeaのキッチンワゴンに収納した赤ちゃんのおもちゃ

ワゴンの一番下の段に細々したベビーケア用品を置くと、ハイハイで迫りくるちびっ子怪獣に綿棒を巻き散らかされたりのイタズラをされやすいです。

赤ちゃんにイタズラされて散らかった綿棒

キッチンワゴンの一番上の段は、高さのあるものの収納が便利です。

赤ちゃんのお世話用品(小物以外)

  • おむつ
  • お尻拭きシート
  • おむつが臭わない袋
  • スタイ
  • 靴下
  • ボディクリームなど
もんち
もんち
おむつはたった数枚を重ねるだけでも高さが出てしまうので、積み重ねても取り出しやすい一番上の段での収納が使いやすい!

また、ポンプ式のボディークリームやアルコール消毒類類など、少し高さのあるものも一番上の段で収納した方が使いやすいと感じました。

ikeaのRÅSKOG(ロースコグ)に収納したおしめなどのベビー用品

まとめ:IKEAの3段ワゴン「ロースコグ」は便利!

イケアのワゴン「ロースコグ」に、よく使う赤ちゃんのお世話用品をまとめて収納し、数週間ほど使ってみるとメリットがたくさんありました。

  1. 3段収納カゴで小分け収納が出来る
  2. キャスター付きで移動が楽ちん
  3. 100均の収納ボックスがピッタリはまる
  4. 一人でも組み立てが出来る
  5. 頑丈でグラグラしない

「ロースコグ」のワゴンに収納した物も探しやすく、キャスター付きで移動させる時も楽ちんです。赤ちゃんを抱いていても片手で動かせます。

もし、赤ちゃんのベビー用品の収納に困っているのならば、イケアのワゴン「ロースコグ(RÅSKOG)」はかなりおすすめです。

今日はここまで〜