おうちカフェ

レンジでたった1分!プロ級に美味しいフレンチトーストの作り方が簡単で凄い!

フレンチトーストの簡単レシピで作った

こんにちは!もんちです。

先日、foodscape(フードスケープ)という大阪で有名なパン屋さんに行ってきました。

このお店で塩パンを初めて食べた時から塩パン巡りをするくらいにすっかり塩パンの虜になってしまっています。

そして、塩パンと同じくらいに大好きなのが『フレンチトースト』です。

パン屋さんに行くと必ずフレンチトーストを作りたいと思ってバゲットを買ってしまいます。

たった1分の工夫を加えるだけで美味しいフレンチトーストが作れるレシピを知ったからです。

よく紹介されている『美味しいフレンチトーストを作るには一晩卵液に浸け込むんです!』なんてのは必要ありません。

レンジで1分温めるだけで一晩浸け込んだような美味しいフレンチトーストは作れる!

monchi
monchi
美味しいフレンチトーストは食べたいけれど一晩浸け込むのは面倒くさい。

そう、私は面倒くさがりなのです。

テレビで「美味しい料理が作れる!」と、素晴らしいレシピが紹介されていても、すぐに作れる簡単さがなければ、まぁ作らないです。

そこで、面倒くさがりだけれど美味しいフレンチトーストが食べたい私は、さっそく『簡単なレシピ』をググって調べてみました。

フレンチトーストを簡単に美味しく作れる方法はかなり沢山紹介されていました。

その中でも、『凄く簡単な材料で時短なのに美味しい!』そんなフレンチトーストのレシピを紹介していたのが『えこさん』でした。

『えこさん』はレシピアプリの『ペコリ』でも大人気で、家庭によくある材料でもおうちカフェを楽しめるお菓子や料理のレシピを沢山紹介しています。

『えこさん』のフレンチトースは、レンジで1分温めるだけで一晩浸け込んだかのようなフレンチトーストが作れる魔法のレシピでした。

monchi
monchi
これはあまり料理が得意じゃない自分でも作れる!

お試しに作ってみたら「美味しい!」となったのがきっかけで、すっかりこのフレンチトーストの虜になってしまいました。

フレンチトーストの材料

『えこさん』は家庭によくある材料でのレシピ紹介が大人気です。フレンチトーストも難しい材料は一切使っていませんでした。

  1. 卵 一個
  2. 砂糖 大さじ2杯
  3. 牛乳 150ml
  4. バニラエッセンス 少々

この4つの材料で卵液がたっぷりと染み込んだ美味しいフレンチトーストが簡単に作れてしまいます。

レンジでチンのレシピなのに、めっちゃ美味しいんです。

フレンチトーストの作り方

カットしたバケットを材料全てを混ぜ合わせた卵液に片面だけ浸して、ラップをかけずに500Wのレンジで30秒温めます。

フレンチトーストを作るのでバケットを卵液につける

温め終わったらバケットを裏返します。

そして、同じようにまたラップをかけずに500Wのレンジで30秒温めます。

卵液に裏返して浸したフレンチトーストのバケット

これだけで、一晩浸け込んでていたかのようにバケットの中にまで卵液が染み込んでくれます。

写真で見ても染み込んでいるのがはっきりと分かるくらいです。

あとは、バターを溶かしたフライパンでこのバケットを焼くだけです。

おうちカフェ感を味わいたいのでニトスキで焼いてみました。

ニトスキで焼いたフレンチトースト

これで、『えこさん』のレシピのフレンチトーストの完成です!

ニトスキで焼いたフレンチトーストレンジ

ニトスキで焼くと、このままテーブルで食べられて洗い物も少なくて済みます。

スキレットはお手入れが若干面倒くさいですが、慣れればなんてないです。

熱も均等に伝わってフレンチトーストも上手に焼けます。

美味しいレシピでも、「食べたいから作ろう!」と思うたびにレシピ本を開かないといけないくらいに工程が多いと面倒くさいです。

このフレンチトーストのレシピは物凄く簡単で覚えやすいという点でも良いです。

monchi
monchi

覚えやすくて簡単!ちゃちゃっと作れて美味しい!だから何回でも気軽に「作ろう!」と思えます。

ぜひ一度試してみて下さい。また作りたくなること間違いなしの美味しさです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク