賃貸DIY

賃貸のキッチンタイルをおしゃれなブルックリン風にリメイクするDIY方法!

賃貸DIYでリメイクしたブルックリンスタイルのキッチン

スポンサードリンク

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

現在マイホーム建設中なのでそろそろ引っ越しの準備をしなければいけません。

ー追記ー

無事に引っ越しが完了しました。

ー追記ここまでー

賃貸住まいの我が家では、リメイクした場所を現状回復して元に戻していかなければいけません。

今回は、我が家が賃貸DIYでキッチンをリメイクした方法と、そのリメイクしたキッチンを現状回復した時のことをまとめてみました。

我が家のキッチンは、お花マークが入った白い正方形のタイルが並ぶよくある昔ながらのキッチンです。

賃貸DIYをする前のキッチン

このキッチンでは何度か違うリメイクやDIYをしてきました。

そんな中で、最終的に落ち着いたキッチンのリメイクが「ブルックリンスタイル」でした。

スポンサードリンク

賃貸DIYで古いタイル張りキッチンを「ブルックリンスタイル」にリメイクする方法!

我が家のキッチンには、正方形のタイルが貼られていました。

なんだか古臭い昔ながらのタイルです。私はこのタイルが好きになれませんでした。

でも、「Pinterest」で発見したアイデアは、元々ある正方形のタイルを上手く活用した方法で『ブルックリンスタイル』のおしゃれなキッチンにリメイクしていました。

そして、現状回復が出来るDIY方法なので賃貸でも安心でした。

黒のマスキングテープを使えばブルックリン風の「黒目地タイル張り」は表現出来る!

我が家のキッチンは正方形のタイルが貼られていました。

このタイルを活かして、まるで「黒目地のタイル張りキッチン」かのように見えるリメイクをしていきます。

「黒目地」ってだけで、古臭いタイルも「ブルックリン」っぽくおしゃれに見えてきます。

まずは、タイルの目地に沿って細い黒のマスキングテープを貼っていきました。

賃貸のタイルキッチンの目地にマスキングテープを貼る

かなり地味で面倒くさい作業でしたが、全て貼り終わると「黒目地のタイル張り」に見えてくれました。良かった〜。

これだけで印象も随分と変わりました。

キッチンDIYでタイル目地に貼った黒のマスキングテープ

もし、タイル張りじゃないキッチンでただの壁だったとしても、同じようにマスキングテープで線を引いて遠目から見ると、まるで「タイル張りキッチン」のように見えます。

他の場所で試してみると、目の錯覚で確かにそれっぽくは見えていました。

賃貸のキッチンタイルに残る古臭くてかっこ悪い柄は隠してしまえばいい!

次に、キッチンのタイルにプリントされていた花柄を隠していきました。この花柄が古臭く感じて自分好みではなかったからです。

賃貸のタイル張りにある花柄

隠す為に使った材料は100均セリアのクッキングシートです。ブルックリン風のロゴ入りだからおしゃれでかっこいいと一時期品切れになるくらいに大人気でした。

今は陳列棚に沢山並んでいるので売り切れていることはまずないと思います。

クッキングシートはキッチンタイルの大きさに合わせて正方形にカットしておきます。

セリアのブルックリン風クッキングシートを正方形にカットする

次に正方形にカットしたクッキングシートを貼って全ての花柄を隠していきます。

キッチンタイルの花柄をカットしたクッキングシートで隠す

花柄を全て隠し終わったらタイル部分をブルックリンスタイル風にするリメイクは完了です。

賃貸のキッチンをブルックリンスタイル風にリメイクした

キッチンタイル部分の右上にはマグネットでくっつくブリキ板も付けておきました。輪ゴムなど軽いものだと掛けて収納出来たりするので何かと便利です。

ブリキ板も100均のセリアで購入出来ます。

スポンサードリンク

キッチンタイルの周りは壁紙でおしゃれにリメイク出来る!

キッチンタイル横の壁のリメイクには、「木目の壁紙」を使いました。

使用したのは、壁紙屋本舗の壁紙です。これだけでまた雰囲気ががらりと変わります。

賃貸DIYでリメイクしたブルックリンスタイルのキッチン

この時に使用した木目の壁紙は、凹凸もあってリアルな質感で見た目もまるで本物みたいです。

壁紙屋本舗の壁紙の中でも、いつもTOP3には入っている人気商品です。

壁紙を貼る時はマスキングテープを使った現状回復が出来る方法で貼りました。マスキングテープを使った現状回復DIYについてはデメリットも知った上で行う方が良いです。

絶対に綺麗に剥がせるという100%の保証はないからです。気になる方は〈賃貸での現状回復DIYに「失敗した!」などの疑問の声が出てきている!〉という記事で内容を確認してみて下さい。

私がキッチンのリメイク方法を調べた頃は、キッチンタイルの部分にも壁紙を貼る方法がよく紹介されていました。

我が家も当初はその方法でリメイクしていましたが、あることを不便に思い1年程経ってから壁紙を剥がして現状回復をしました。

賃貸DIYで人気のキッチン周りの壁紙リメイクは油シミなどの汚れが付いても掃除が出来ない!

DIYを知った頃は壁紙やリメイクシートがとにかく人気で簡単に雰囲気を変えられることから我が家でも早速取り入れていました。

上記で紹介したリメイクのタイルを活かしたブルックリンスタイルにする前には、両面テープとマステを使っていつか剥がせる方法でレンガの壁紙を貼り付けていました。

換気扇には100均のリメイクシートを貼って流行りの男前インテリア風にリメイクしていたのです。

賃貸キッチンを壁紙リメイクした

何故このリメイクをやめて全て剥がしてしまったのかというと壁の拭き掃除が出来なかったからです。

我が家はレンガの壁紙を使っていたので油の汚れはまだ目立ちませんでしたが、明るい雰囲気の壁紙を使うと油のシミは更に目立ってしまうと思います。

拭き掃除をしたとしても壁紙に染み込んだ油汚れは残ってしまっていました。

 

monchi
monchi
汚れが目立ってくる度に壁紙を貼り替えるのならば壁紙を剥がすだけで綺麗になるのである意味掃除がラクという考えの方もいました。

でも、私はもう一度壁紙を貼るなんてとても面倒くさい作業だと感じました。

 

元々あるタイルを上手く活用してブルックリンスタイル風のキッチンにリメイクしてからは拭き掃除もちゃんと出来て汚れを綺麗に落とすことが出来ました。

という訳で、このリメイクに落ち着いて2年程使っていました。

今回の引っ越しで現状回復することになりましたが、無事に綺麗にマスキングテープも剥がせました。

色んな方法を試してみることで自分のお家に合ったスタイルのリメイクやDIYと出会えるのかもしれませんね。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク