100均DIY

100均のランチマットでおしゃれな「飾り棚」をDIY!

100均DIYで作った収納棚

スポンサードリンク

100均のランチマットで「飾り棚」としても「収納棚」としても使える、棚をDIYしました。

少し調子に乗ると、「 niko and.. っぽい」雰囲気です。

 

もんち
もんち
よく見るとそこまで自惚れる程では無かったかもですね^^;

 

完成品はこんな感じです。

100均DIYで作った収納棚

自分の好きな雰囲気の「飾り棚(収納棚)」にはなりました。

作り方は簡単です。ではでは、本日のDIYのスタートです!

スポンサードリンク

100均のランチマットで「niko and..」で売ってそうな「収納棚」をDIYする方法!

100均の「ランチマット」で「収納棚」をDIYする材料は、ほぼセリアの商品で揃います。

木材もセリアの工作木材を使いました。

とても軽い木材なので、作った「収納棚」にフックを付ければ、壁に掛ける「飾り棚」としても使えます。

100均DIYで作れる「収納棚」の材料

1個の収納ボックスを作るのに使った材料は、

  1. セリアのインテリアマット(ランチマット)
  2. 45cm×12cmの木板3枚
  3. 速乾性ボンド(接着剤)
  4. セリアの水性塗料
  5. 細い釘(ホームセンターで90円くらいで買えます)

これだけです。

セリアのランチマットと木材

細い釘は100均のダイソーでも売ってますが、ホームセンターの方が安くて細い釘を購入することが出来ました。

ではでは、作り方です。

まずは、収納ボックスの木枠を作る

まず、「収納棚」の木枠を作ります。

工作木材の、約18cmの所に印を付けてカットします。

 

 

もんち
もんち
木材カットなんて面倒臭い!と思いましたよね…

でも、100均の木材は柔らかいのでカットも簡単です。

100均で販売されているノコギリでも簡単にカット出来ます。

 

なんで長さ18cmかと言いますと、セリアの木材の厚み二枚分の長さを差し引いた長さが18cmだからです。

カットした18cmの木材

18cmの長さの木材は、セリアの木の板1枚から2枚作れます。

木材を真っ直ぐにカットするのが苦手な場合は、ガイドを利用してみて下さい。

私はこのガイドを使って、直線だけではい斜め45度もめちゃくちゃ綺麗にカットが出来るようになりました。

 

 

綺麗に切れるノコギリもセットで付いているので、簡単に木材カットが出来ます。

ガイドでカットした木材

大きさもコンパクトなので、収納場所にも困りませんでした。

ソーガイドのセット

木材が綺麗にカット出来ると作れる物も増えるので、ぜひぜひ一度試してみて欲しい便利工具です。

スポンサードリンク

収納ボックスの木枠になるパーツを塗装して組み立てる

木材がカット出来たら、カットして荒くなっているカット面を紙やすりで整えて塗装します。

木材塗装に使った塗料は。100均セリアの水性ニス(メープル)です。

セリアの水性ニスの色の種類

しっかりと乾かしたら、「収納棚」の木枠を組み立てていきます。

まず、速乾性のボンドを塗って板を組んで釘を打ちます。

木材に釘を打つ

この方法で四角い「木枠」を作ります。

100均での壁掛け収納棚を作り方

普通の接着剤や木工用ボンドでくっつけても大丈夫ですが、速乾性の接着剤を使った方が乾くのが早いです。

作業を早く進めたい場合や、乾くまでの待ち時間が短い方が良い場合は、速乾性の接着剤がおすすめです。

 

 

接着剤だけで組み立てても作れますが、強度を上げたくて更に釘を打って固定しました。

 

もんち
もんち
細い釘やビスを使った方が木が割れたりしにくいです。

 

接着剤が乾くまで少しグラグラしますが、作業は進めても問題ありません。

釘でも固定してるので、壊れることはないからです。

次に、完成した木枠の背面に「ランチマット」を貼っていきます。

100均DIYで作る「収納ボックス」の内側にランチマットを貼る

まず、セリアのインテリアマット(ランチマット)を用意します。

収納棚を2個作る予定なので、2種類購入しました。

100均のランチマット

まず、DIYした「木枠」の縁に速乾性のボンドを塗ります。

次に、ボンドを塗った上からセリアのインテリアマットを重ねます。

「木枠」の大きさとほぼピッタリになります。 ※ 少しはみ出てても大丈夫です。

木枠の大きさに合わせたランチマット

この時も、ボンドだけの固定だと強度が不安だったので、細い釘で更に固定しておきました。タッカーでも大丈夫だと思います。

釘で打ったランチマット

ボンドを使って木枠にインテリアマットを固定すると、塗った速乾ボンドが「ムニュッ!」っとはみ出てきます。

はみ出た速乾ボンドは必ず拭き取っておきます。

はみ出たボンド

接着剤が完全に乾くまでは、「木枠」は少しグラついて頼りなく感じました。

でも、完全にボンドが乾いた翌日には、「木枠」のグラつきもなくなっていました。

積み重ねて置いても大丈夫なくらいには頑丈です。

「木枠」の背面にランチマットを貼った時に、「木枠」から少しはみ出たインテリアマットはカッターでカットしておきます。

ランチマットを切り取る

これで、100均の2種類のインテリアマットでDIYした「収納棚」の完成です。

100均DIYで作った収納棚

「収納ボックス」や「飾り棚」としても使えます。

好みになりますが、縁取りを黒で塗装してみました。

少しのアレンジで雰囲気も簡単に変えられます。

縁を黒く塗った収納棚

 

もんち
もんち
黒い縁取りにすると「男前インテリア」に合いそうですね!

 

この「収納棚」は、フックを取り付けることで「壁掛け飾り棚」としも使えます。

100均DIYで作った「収納棚」を壁掛けが出来る「飾り棚」にする方法

100均の木材とインテリアマットでDIYした「収納棚」は凄く軽いです。

だから、壁掛けの「飾り棚」の収納としても活用来ます。

壁掛け用のフックは、100均セリアのDIYコーナーで購入出来ます。

壁掛け用のフックを、DIYした「収納棚」の背面に取り付けるだけです。

100均の壁掛けフック

金具を取り付けるビスは、商品に付属しています。

 

もんち
もんち
簡単に「壁掛け収納」としても使えるものの、本を沢山置いたりはちょっと危険かもです。

 

フックだけで壁掛けしているので、あまり重たい物は置かない方が良いですが、「飾り棚」として収納物を置く分には問題なかったです。

100均DIYで作った飾り棚

壁紙屋本舗の木目の壁紙との相性もかなりバッチリでした。

100均DIYで作った「収納棚」の活用方法!

100均DIYで作った「収納棚」は、積み重ねずに「収納ボックス」としても活用出来ます。

壁掛けで「飾り棚」として使うには、壁に穴をあける必要があります。

壁に画鋲の穴すらあけたくない場合は、シンプルに「収納ボックス」として重ねて置いたり、一つ一つを個別に使って「見せる収納としても使えます。

例えば、ディアウォールで作った棚の上に置いて使ったらこんな感じです。

ディアウォールで使う収納棚

お香などの小物雑貨は、ただ棚に置いていると雑に見えてしまいます。

でも、「見せる収納」として飾りつつ置いて収納すると、インテリア雑貨としておしゃれに飾れたりもします。

例えば、小物類が淋し気に置かれてしまっているこんなスペースでも使えます 。

雑に置かれた雑貨

100均DIYで作った「収納ボックス」を置いて、その隣にはフェイクグリーンを飾ります。

次に、薬や小物類を100均の収納缶に入れて置きました。

たったこれだけで、随分と雰囲気が変わりました。スッキリです。

100均せdiyで作ったお洒落」収納ボックスでの整理収納

100均DIYで「収納棚」を作ったもんちの感想

 

もんち
もんち
100均DIYで作れる「収納棚」は、「収納ボックス」「壁掛け収納」「飾り棚」などなど、色んなパターンで使える優れモノでした!

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク