100均DIY

100均DIY!セリアの『セメント袋』を使った〈タペストリーポスター〉の作り方!

100均DIYで作るバスサイン風の「タペストリーポスター」

スポンサードリンク

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

100均のセリアで販売されている『セメント袋』を使って『タペストリーポスター』を作りました。

セメント袋でDIYしたタペストリーポスター

100均の木材と超強力マグネットを使って、『セメント袋』を挟んで吊るすだけの簡単なDIYです。

100均材料で作れて押しピンでも吊るせるので、原状復帰が必要な賃貸でも安心です。

作り方をまとめました。

スポンサードリンク

100均DIY!セリアの『セメント袋』でタペストリーポスターを作る方法!

セリアの『セメント袋』の大きさは、A3用紙を2枚並べたよりもひと回りくらい大きいサイズで、普通のクラフト紙よりもしっかりとした紙で作られています。

セリアのセメント袋

この『セメント袋』と、100均の木材や塗料を使ってDIYしていきます。

『タペストリーポスター』をDIYする時の材料

材料は100均で揃えることが出来ます。

  1. セリアのセメント袋
  2. 木の棒〈木材〉
  3. 水性塗料
  4. 蝶番
  5. 紙やすり
  6. 麻紐

必要な材料はこれだけです。

タペストリーポスター』の作り方!

まずは、セリアで購入した工作木材(木の棒)を、紙やすりで手触りツルツルになるまで磨いて、角も少し丸っこくします。

紙やすりで整えた100均の木材

何もしてない木材と並べて比べるとこんなに違います。

紙やすりは小さい木材に巻き付けてタッカーでとめておくと、紙やすりも動かず使いやすいです。

紙やすり

紙やすりで綺麗にした木材の片面にドリルで穴を空けて、その穴の中に接着剤を入れて超強力磁石を貼り付けていきます。

100均の超強力磁石

木材にドリルで穴を開ける時には、木材からドリルが突き抜けてしまわないように注意しないといけません。

そこで、穴が木材を貫通してしまう失敗がないように、マスキングテープでドリルに印を付けておきます。

ドリルで穴あけ

マスキングテープの印の位置までドリルで穴を開けれたら、一旦ストップしてドリルを抜きます。

これで、均等の深さの穴を何個も開けることが出来ます。

2本の木の棒に同じ間隔で、合計5箇所に穴をあけておきます。

穴あけが面倒臭い!

そんな人には、勝手に空回りして穴掘りをストップしてくれる交換ドリルビットが便利です。

これがあれば簡単に綺麗な穴あけが出来ます。

私は穴あけが面倒くさい派なので、この【六角軸】を使っています。

木材に穴をあけ終わったら、100均の水性塗料などで色を塗ります。

木材に色を塗る前に木材に傷を付けておくと、付けた傷に塗料が入り込んで使い古した雰囲気が出せます。

傷を付けて塗装した木材

水性塗料が乾いたら、穴を開けた溝に接着剤を入れて超強力磁石を貼り付けていきます。

この時に【N極】【S極】の向きを考えて、2本の木材がくっつくようにしておきます。

今回は、2本あるうちの1本の木材の磁石は全て【S極】に、もう1本の方は全て【N極】にしてあります。

超強力磁石を貼り付けた木材

磁石の【S極】【N極】の表裏を間違えると、ポスターを磁石で挟んでくっつけて吊るせなくなります。

なので、間違えないように確認しながら慎重に磁石を接着剤で固定していきます。

接着剤がしっかりと乾いたら木材に蝶番を付けます。

蝶番を付けた木材

接着剤がまだ乾かないうちに次の作業をすると、超強力磁石がくっ付き合ってしまって接着剤から磁石が剥がれてしまいます。

焦らずにしっかりと乾くまで待ちます。

蝶番で繋がれた2本の木材を開くと、内側の両側に超強力磁石が同じ感覚で貼られている状態になっています。

超強力磁石と蝶番を貼り付けてた木材

この間にポスターを挟んで吊り下げて飾ります。

ポスターを挟んで吊るす

ポスターは磁石で挟まれてしっかりと固定されます。

テープで貼り付けてはいないのでポスターは汚れないですし、飾るポスターを交換する時も取り換えが簡単で便利です。

100均の麻紐をくくり付けて壁にかければ、『タペストリーポスター』の完成です。

100均DIYで作ったタペストリーポスター

写真は、壁に【押しピンフック】を刺して麻ひもで吊り下げています。

今回のようにバスサインが書かれた『セメント袋』を吊り下げると、ミニサイズではあるものの人気の『バスロールサイン』のように飾れます。

バスロールサインのように長さを出したい時は、ポスターを繋ぎ合わせて長くします。

スポンサードリンク

『タペストリーポスター』を吊るす押しピンの穴を隠す方法

賃貸で壁に穴をあけることに不安がある場合は、『クロスの穴埋め材』が便利です。

クロスの穴埋め材

ポスターや時計などを吊るすにはどうしてもピンで穴をあけたくなります。

この商品を使うと凄く綺麗にその穴を隠してくれます。

ピンの穴を塞ぐ方法

これで、押しピンくらいの穴をあけることには悩まなくなりました。

「穴埋め作業が面倒くさい!」って場合は、本当に小さな穴しかあかない『ニンジャピン』も便利です。

ただ、『ニンジャピン』は重たいものは掛けられないので、写真やカレンダー程度のものを吊るす時だけおすすめな感じです。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク