100均DIY

ダイソーとコピー用紙でデコパージュが出来る簡単なやり方!

100均ダイソーでデコパージュしたヘッドホンスタンド

スポンサードリンク

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

旦那さんからのお願いで木製の「ヘッドホンスタンド」をDIYしていたのですが、何やら追加でやって欲しいことが出来たみたいです。

 

旦那さん
旦那さん
ステンシルで文字を入れたり出来る?

 

急にこんなことを言ってきました。

どうやらここに文字を入れたいらしいのです。

デコパージュする場所

ステンシルは苦手で出来ればしたくないので、ダイソーのデコパージュ液で気でデコパージュをして文字を入れてみました。

デコパージュしてみた木材

好きな文字をコピー用紙でプリントアウトしたものを使ったので、デコパージュ専用の用紙は使っていません。

100均のデコパージュ液と自宅にプリンターがあれば出来る、凄く簡単なデコパージュのやり方を使いました。

スポンサードリンク

100均とコピー用紙でデコパージュをする簡単なやり方!

まず、コピー用紙かクラフト用紙に、デコパージュする文字(英単語)のデザインを作ります。

スマホの「コラージュアプリ」を使えば簡単に作れます。

デザインが思い浮かばない時は、好きな英単語やフレーズを参考にしたり、無料でダウンロードが出来るものをそのままプリントアウトしてもOKです。

好きなデザインが決まったら、プリンターでプリントアウトします。

デコパージュしたい文字をプリンターでプリントアウトする!

今回は、スマホのアプリを使って文字を作りました。

書いた文字は、「Headphone Location(ヘッドホンの場所)」です。

headphoneと書いた文字
もんち
もんち
そのままのことを書いても、おしゃれな文字を使うとそれなりにかっこええ〜

 

作った文字の「Headphone Location」を、セリアのクラフト用紙でプリントアウトします。※ 普通のコピー用紙でもOKです。

クラフト用紙に印字

クラフト用紙が無い場合は普通のコピー用紙でも大丈夫です。

仕上がりの雰囲気が変わってくるだけです。

ただ、クラフト用紙を使った方が、木材にデコパージュしても自然な感じに馴染んでは見えました。

 

もんち
もんち
クラフト用紙とコピー用紙のどちらを使うのかは、仕上がりの雰囲気の好みによって分かれると思います。

「絶対にクラフト用紙が良いですから!」というわけではないです。

デコパージュをしたい場所の幅に合わせて用紙をカットする!

文字をプリントアウトした用紙は、デコパージュしたい部分の大きさに合わせて鉛筆で印をつけます。

デコパージュする場所の大きさ

次に、鉛筆で付けた印に沿ってはさみでカットします。

カットしたデコパージュする紙

ちょっとくらいなら歪んでも大丈夫なので、神経質に真っ直ぐにカットする必要はないです。

何故なら、デコパージュした後に縁取りを紙やすりで擦って木材に馴染ませるからです。

デコパージュ用紙の縁

縁の部分は仕上げに紙やすりで紙ごと削ります。

その時に凄く綺麗に整えられるので、多少ガタガタでも修正が効きます。

とは言っても、めちゃくちゃ歪み過ぎはNGです!

スポンサードリンク

木材にデコパージュしていく!

次に、ダイソーのデコパージュ液を使って木材にデコパージュしていきます。

今回は、100均DIYで作った木製の「ヘッドホンスタンド」のデコパージュします。

カットしたクラフト用紙と木材にデコパージュ液を塗って、ゆっくりと貼り付けます。

クラフト用紙をデコパージュ液で貼り付ける

クラフト用紙を貼った時に、接着面の気泡(空気)が入ってしまうことがあります。

気泡が入ったら、指で抑えたりクレジットカードなどを使って抜いておきます。

デコパージュ液が少し乾いたくらいで、デコパージュで貼ったクラフト用紙の周りを紙やすりで擦って馴染ませていきます。

紙やすりでデコパージュ用紙をけずる

矢印の部分を紙やすりで削って整えていきます。

目安は、ガタガタになったカット面が気にならなくなるくらいに馴染む程度までです。

デコパージュ用紙を紙やすりで整える
もんち
もんち
木材の角をデコパージュした用紙ごと紙やすりで強めに擦ると、少しだけ丸くなって自然な使い古した感が出せます。

 

もっとアンティークっぽい雰囲気を出したい場合は、文字をプリントしたクラフト用紙の表面も、ほんの少しだけ紙やすりで擦ります。

これで、更に使い古した感が出せます。

文字を紙やすりで削る

紙やすりで強く擦り過ぎると、文字が全部消えてしまいます。

擦る過ぎない程度の軽く撫でるくらいでも、文字はかすれてアンティーク調にリメイクが出来ます。

紙やすりで擦っただけのままだと、擦った部分が不自然に白く残ります。

そこで、アンティークワックスを使って仕上げていきます。

アンティークワックスで仕上げる

私はブライワックスよりも臭いが少ないアンティークワックスを使っています。

全く臭わないという訳ではないですが、ブライワックスよりはまだマシです。

 

 

デコパージュした接着面を紙やすり整え終わった後に、アンティークワックスで塗装するとこんな感じになります。

アンティークワックスで塗装

一旦乾かしてアンティークワックスが乾いたら、それでも残っているワックスを布で拭き取ります。

布で擦って拭き取るとニスとは違う自然な艶缶が出てきて、色移りだって起こりにくくなります。

色移りが絶対に嫌な場合は、ニスでコーティングしている方もいます。

ただ、ニスを使うとテカテカした表面になって、木材の自然な感じの艶感ではなくなります。

もんち
もんち
ワックスを使った場合は、ニスでのコーティングをされていない方がほとんどでした。

今回もニスでのコーティングはせずに、しっかりと拭き取り作業をしただけです。

100均でデコパージュした木製の「ヘッドホンスタンド」が完成!

セリアのウォールシェルフと木材で作った木製の「ヘッドホンスタンド」に、デコパージュで文字を入れた完成品はこんな感じです。

デコパージュした100均DIYで作ったヘッドホンスタンド

デコパージュする前の木材の「ヘッドホンスタンド」です。

100均DIYで作ったヘッドホンスタンド

文字が入るだけでも雰囲気が随分と変わりました。

100均とコピー用紙でデコパージュをしてみた感想

 

もんち
もんち
デコパージュ専用の紙ではなくて、コピー用紙を使ったデコパージュでも、仕上がりは全然悪くなかったです。

自分の好きな文字や柄をプリントアウトしてデコパージュが出来るので、コピー用紙を使ったデコパージュはおすすめです!

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク